So-net無料ブログ作成
検索選択

5th [Poem]

たんぽぽ

暖かい風に吹かれて細い道を1人で歩く
春を感じられるんだ、あなたを見てると

小さくても力強いこの姿に温かい気持ちになる

満開の桜も綺麗だけど
道の端に咲いた黄色いあなたをいつまでも見てる
僕の大好きな花

誰にも気付かれなくても優しく咲き続けてる
春の訪れを伝えて、いつか枯れるけれど

青い空に小さな種がそっと舞い、そしてまた花が咲く

雨の日も強い風の吹く日も負けずに咲いてるから
いつも元気をもらってたんだ
僕の大好きな花

荒れた広いこの世界を草花(みどり)で満たせるのなら
あなたの種を運ぶから、広く咲き乱れて

どこまでだって飛んでいけるから大丈夫、怯えなくてもいい

世界中をあなたの色で染めて、眩しいくらいに
癒してほしい、この熱い地球(ほし)は酷く泣いているから

雨の日も強い風の吹く日も負けずに咲いてるから
小さな勇気をもらえる気がした
僕の大好きな花

【後書き】
ちょっと時期がずれちゃったけど…。
まだまだ春かな、とw
昔からたんぽぽは好きです(*´ェ`*)ポッ
すごく身近に感じられるんです。
前にも書いたかもしれないけど、花言葉は「真心の愛」。
これを知ってからますます好きになりました☆


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

4th [Poem]

道しるべ

不安で満たされる弱い心
焦っても空回りばかりで
遠い何処かへ羽ばたいてく君に追いつけるはずはない
それでも前を向いて歩き出そう

夢を探して歩こう、どこまでも
少しでもいい、振り返ってもいい、立ち止まってもいい
世間体とか期待なんてどこかに投げ捨てて
自分のやりたいことを見つければ…

誰もがいつかは迷い込む道がある
「道しるべ」見付けて
僕は白紙の地図に刻み込んだ
確実なんてない、分かってても、それでも前に進んでく

明日を目指して走ろう 嵐も乗り越えられる
誰かがそっと支えてくれるから
今すぐじゃなくていいから、ゆっくりでもいい
とても長い道で、避けられない道だから

夢に向かって歩こう 小さな一歩、踏み出そう
辛い旅でも必ず辿り着ける
幼い頃に描いた理想を求めて
例え現実(いま)が辛くても何かが得られるはずだから
きっと夢は叶うから、諦めないで歩いてく

【後書き】
やっぱり『夢』ってのは大切だと思う。
誰かにとっては小さくても、本人にとっては大きいものなワケで。
世間体とか、そーゆのは気にしなくってもいいんじゃないかなって思う。
むしろ誇りとか自信みたいなものを持つべきと言うか何と言うか。
だから、夢に向かって頑張ってる人を応援しますo(≧∇≦o)(o≧∇≦)oイエーイ


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3rd [Poem]

Dear friend

辛い時、愚痴を聞いてくれた
放課後の寒い公園で
いつの日も支えてくれてた
君だけは信じ続けられた

あの日々を思い出してみると
優しさが心に溢れる
卒業して時間(とき)が流れても
いつまでも忘れないから

信じてる君だから全てを話せた
これからも迷惑をかけると思うけど…

君にたくさんのありがとう
言葉に思い込め
最高のありがとう
必ず伝えよう

たくさんの優しさを分けてくれたから
僕だって誰かを守れる気がするんだ

君にたくさんのありがとう 伝えても足りない
知ってる言葉が少なくて足りない
これからも何年先も何があっても君と
いつまでも、いつまでも
友達でありたいんだ

【後書き】
友達じゃない。
親友でもない。
相棒。
この言葉がピッタリだと思う。

ずっと頼りっぱなし。
迷惑かけてばっかり。
それでも、いつも支えてくれた。
だから、心からありがとう。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

2nd [Poem]

翼のメロディ

空に微笑む綺麗な三日月
二人の距離を縮めるように満ちて
未来(あした)の僕らに翼を与えて
永久に輝く

大切なこと忘れかけてた
冷たい雪が止み、晴れてゆく
心の中に残る光を 今、空に解き放って
気が付いたら君が好きだった
もう、悔やみたくはない

僕の震える体を包む
温かくて優しい言葉が
届く、二人の距離がどんなに遠く離れていても

素直な気持ち 伝えたいから
不器用だけど 詩(うた)を書いてる
本当はとても臆病なんだ
君にだけは嫌われたくない
僕の想い 全て注ぎ込んだ
そっと 空へ歌う

空に奏でる君へのメロディ
季節の風に乗せて届ける
僕は与えられた翼で今この空へ飛び立つ

君と二人で青い大空を
飛んでいきたい 虹の彼方へ
例え激しい風や雨でも
僕が君を守るから―

君と奏でる翼のメロディ
渡り鳥と共に歌って
響く、この大空がどんなに広く色鮮やかでも

【後書き】
書いたのは先月末。
1年ぶりくらいに書きました。
って言うか、書けました。

誰かを好きになるって怖いことなのかもしれない。
好きになることで傷付くことも多いと思うから。
それでも誰かを好きになる。
一緒にいたいとか、守りたいとか、そういう気持ちを伝えたいって思う。
ベタなのかもしれない。
でも、真っ直ぐな気持ち、素直な気持ち。
そんな気持ちが少しでも伝わってくれれば…って思います。

ちょっと真面目モードでしたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

1st [Poem]

向日葵

夏の海を一人で見る 君は隣にいない
眩しい陽射し 吹く潮風 あの日と同じだった
夢のような想い出を海の中に捨て
今 僕は立ち上がって前に進む
この大地を踏み締めて

暑い夏の日 彩る道端の向日葵
悔やんでいたって時間(とき)は流れる
いつか また立ち止まるかもしれないけど今は
青空 見上げてこの道を行く

鳥のさえずり 揺れるカーテン こんな目覚めの朝
高い壁を越えることで君を忘れようとした
雲のない青空に 絵の具で雲を描く
忘れ物 見つけるように 秘密の鍵 見つけ出して檻から出る

強い風 吹き 響く風鈴が嫌いで
ずっと 殻の中 閉じこもってた
燃える太陽 例え見えなくても走り出そう
曇った大空もたまには悪くない

君は今 何してる? 少し気になった
歩いてるこの道に力強く咲き続ける花がある

暑い夏の日 彩る道端の向日葵
悔やんでいたって時間(とき)は流れる
いつか また立ち止まるかもしれないけど今は
青空 見上げてこの道を行く

【後書き】
勇気を出して全編を公開してみるw
前にやってたブログで1部公開してたとです…。
あぁ、穴があったら入りたいww

ある人のことを吹っ切ろうと思って書いたもの。
書いたのは2年前。
結局、吹っ切れたのはその1年後。
恥ずかしいくらいに好きでしたw
片想いだったのは言うまでもありません(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。